佐渡ヶ島のこだわりラーメン「出世街道」のマスターが贈るホットでディープでシュールなブログ

【ご注意】
■当ブログは著作権法により保護されています。当ブログの記事内容、、画像、ブログ名、直リンク、店舗名などの無断転載はお断りし掲載は許可しません。
■このブログは飲食店でありながら、飲食店であるまじき、飲食店の風上にも置けないようなコンテンツ、画像、擬音、あえぎ声、衝撃映像等があります。
■佐渡に在住している方にはわからない文法や、スカトロ風味、エロ表現、炸裂音、擬音などがある場合がありますが、表面上あまり気にしないで下さい。
■日本の未来や佐渡の未来を実は無関心風に、断片的に語りつつ、尚且つダラダラと更新され、愛と正義と矛盾に溢れた ブログを目指しています。
■マジレスはいやよマジレスはいやよマジレスはいやよ、マジレスはいやなの、だからマジレスはイヤなんだっば!ってか、痛い!そこじゃないんだってば!
●今年で10周年!老舗超絶アホサイト駄貸し屋ホームページ  ※ホームページへのリンクについてお願い
blogに関するごご意見、ご感想等、お便りはこちらのメールフォームへ

  



動画:水曜見ナイト 亀の手ラーメン


アースセレブレーション2017’開催まで

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

出世マスター

Author:出世マスター

マスタープロフィールページ
新潟県佐渡市中原の「こだわりラーメン出世街道」の関西出身のマスターが毎日更新する、blogです、ホームページは13周年の老舗バカサイトです、お店の情報だけでなく様々なコンテンツがあります。

■塩サバは断固ノルウェー産派です。
■逆子です。
■指定不快害虫図鑑を読むとぐっすり寝れます。
■トンガリコーンに指を挿して食べます。
■陰茎の右側にホクロがあります、私のニセモノが現れたらそれを目安にして下さい。
■岡田奈々のフアンです
■時世の句は「花を持った手で女性を叩いてはいけない、花が傷むから。」

□好きな食べ物 

アカセン、豚足、生レバ、なまこ、センマイ湯引き、うるか、ふなずし、ホヤ、くさや、カワハギの肝、ガメ煮、キンカン煮、酒盗、鶏モミジ、マグロの目玉

■苦手な食べ物 

キャビア、キッシュ、フォアグラ、ラザニア、国産霜降りステーキ、大トロ、ビシソワーズ、ナシゴレン、トリュフ

□好きな飲み物

ホッピー、アブサン、二頭まっこり、電気ブラン、熱海ワカメ酒、花の友熱燗、ハブ酒、白波原酒、泡盛原酒、ヒレ酒、赤玉パンチ、チョーヤの梅酒、サントリーVO

■苦手な飲み物

ドンペリ、コニャック、五大シャトー、ハーブティー、カルアミルク、ロイヤルミルクティー、カプチーノ、キャラメルティー

□好きな店

新宿ゴールデン街、横浜どぶ板、しょんべん横丁、大衆酒場金杯、おふくろ食堂、達磨、焼き鳥たつみ、蕎麦処いしかわ、モツ煮虎吉、づぼらや、おけら食堂

■苦手な店

アンナ・ミラーズ、ミスド、フルーツパーラー、コーヒーの青山、フランフラン、スタバ、カフェ・マディ、マドマド、伊勢丹

□好きな街

赤羽、南霞町、新開地、黄金町、恵美須町、行徳、南行徳、尼崎センタープール前、天王寺、鶴橋、かっぱ橋、歌舞伎町二番街、十三、あいりん地区入り口

■苦手な街

神戸御影・岡本、麻布十番、銀座、苦楽園、帝塚山、青山、恵比寿、下北沢、代官山、芦屋、田園調布、成城学園前、自由が丘

□好きな歌手

憂歌団、鏡五郎、ムッシュかまやつ、ジョー山中、タイマーズのゼリー、生駒一、鉄砲光三郎、町田義人、京山幸枝若、泉谷しげる、ミス花子

■苦手な歌手

横文字ソロ、名前を覚えられないアイドルユニット

□好きな人間 考えるんじゃなく感じる人

■苦手な人間 感じるんじゃなく考える人





ブログ内検索 ※「モロ画像」で検索しよう

アクセス
無料 無料
無料

実験ラーメン

突出して投票の多いラーメンはメニュー化する予定です。

ラーメン投票箱

今後の参考にしますのでよろしくお願いします。

関連・運営サイト

おすすめリンク

佐渡島LF日記(仮)
サルーキ!セター! イヌ絵日記
スミルノフ教授公式ウェッブ サイト日本語版
【Hawaii 秘密基地:Ⅲ】
アロマスターの日記
新潟の『釣りとバイクと料理と子供』
遠州屋酒店
クリーム日記
くえ.jp
食用珍魚
レストランバーこさど

佐渡の翼(リニューアル版)
佐渡なび!
佐渡じゃむ
60年代 懐かしの宝箱
佐渡の旬ブログ
のらいぬcafe
Un Grand Pas
悲憤慷慨の記
清水農産店主のひとり言
ええあんばいよの
三河湾徘徊記
B級グルメが地方を救う!ブログ
「峰風」とともに
すちーむ・とらっぷ
花と遊びに耽るブログ
佐渡の酒.com BLOG
ヤンパのクニャンにょ
一条流がんこラーメン総本家公式ブログ
なんぎな日記

マスターおたずねもーす!

マスターに抱かれたい人も、遊びたい人も、噛み付てぇ人も、どーでもいい人も、とりあえずココから勢い良く発射すべし♪

本名入れる度胸はあるかね?:
メール入れる器量はあるかね?:
件名入れるゆとりはあるかね?:
ならば君とは旨い酒が呑めそうだ!ささ、書きたまえ♪:

最近のコメント

駄貸し屋サイトマップ

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おっぱい星人カモン

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

imaasdasdge222.jpg
駄貸し屋のお刺身一覧

画像 138



 さて、読んでの通りですが、

「佐渡ってどんなとこ?」

ちゅー質問に手っ取り早く答えるに、「魚介類うめーし安いよ」ってマスターは言うんですが、佐渡のとあるお魚屋さんでは上のように網本から直送で日に三回も鮮魚が入荷します、ですんで島外、県外の人にちと佐渡をアピールするにあたって今回はお魚でございます、佐渡在住の人には、

珍しくも、面白くも無い記事

ですが、我慢してくださいなっと♪

んで、この日もお魚が入荷しました、頼んでいたノドグロを取りに行ったついでに裁縫用のミニスケールで大きさを測って、自分の経験上での料理の量の目安も書き足しときます。

画像 134 

いきなりこんなんです、天然真鯛です、体長63cm、2500円、割烹などのお造りにした場合15人前はできます、高級魚の代名詞の真鯛ですが、東京で売られる養殖ハマチ以下なお手ごろ価格。




画像 141 

生ホタルイカ、約30匹、130円、お造りですと6匹盛りで5人前でしょうかね?下処理(目玉とトンビと背骨を取る)が面倒なんで不人気?。





画像 137 

はちめ(黒メバル)体長30cmほど、3匹、300円、めっさ重かったです、刺身、煮付け、塩焼き、どう食べても旨い佐渡ではポピュラーな魚、年金生活するならこれさえあれば食費はかからんっ!

ここで余談なのですが、ハチメ、ソイ、メバルの呼び名ってのはややこしい部分がありまして、新潟ではメバルを黒バチメと言ったり、佐渡では黒いカサゴ系やメバル系は面倒なんで黒バチメと呼んだりその土地で様々です。秋田では黒ソイも黒メバルも「ガヤ」とい呼ぶ地方もたくさんあります。平たく言うと、カサゴ科なんだけどメバル属だったりとややこしいこの手の魚の知識を知るよしもないのでカサゴとメバルは何が違うからなんて薀蓄が存在しないのです。

ですんで、茶ハチメ釣って「タヌキメバルが釣れた」なんて言わないのと同じです。ここらへんは専門知識を出せばだすほど地方によって屈折してる部分があるので割愛してください。

ちなみに小さいのはこれ、

画像 145 

体長15cm~20cm、7匹、150円  以前関西で「黒メバルの塩焼き」を東北料理の専門店で食べましたが、これくらいので1200円だったです。






画像 135 

スズキ、体長66cm、1500円、ムニエルの切り身で15枚は楽に取れますね、スズキといえば「洗い」ですが、そもそも佐渡でこいつを刺身で食べる人はおるんやろか?(家庭料理で)





画像 136  

マトウダイ、体長44cm、かなり良型の固体ですね、刺身で十分イケます♪この魚の名前「的撃鯛」真ん中にある黒い丸が的に見えるからです、西洋ではキリストが付けたはなくそ指の印のある魚として珍重されます、そしてそんだけ縁起も良く、神に愛されるだけあってこの魚はなんと・・・・・250円です。





画像 140 

ナメタガレイ、体長42cm、250円、卵が入っています、煮付けは最高っす、今は産卵期です。






画像 142 

アブラメ(あいなめ)体長43cm、パックからはみ出てます、450円、重さでいうと妥当な金額なのかもしれませんが、でかいんで干しても煮しめのダシにもならんので誰がどうやって食べるのか興味あります。






画像 147 

ミズタゴ、足一本5㎏、1500円、鉄アレイかよってな重さです、こいつが8本付いていたんで50キロ以上のミズダコだったはずです、人間と変わらんです、吸盤ひとつで皿になります(笑)





画像 146 

真アジ、体長30cm、二匹、200円、意外にも高いんですよね、刺身は片身で一人前多すぎるくらい取れます、佐渡の人気回転すしでの人気ナンバー1はこのアジです、すなわち、佐渡のアジはとにかく美味!暖流と寒流がぶつかるので冬でも活発で、身が締まっています。





画像 151 

柳ガレイ、体長30cm、4枚、200円、こいつはなんと言ってもみりんを少し入れた塩水に付けてから天日干しするとご飯のおかずどころが最高の酒の肴になります。





画像 144 

アサバガレイ、体長25cm~30cm、5匹、100円、これは東京築地にも冬から春にかけて大量に入荷します、加工用から煮付け、塩焼き、干物、なんでもござれの万能カレイです、ゆえに100円!






画像 148 CIMG1754.jpg

マツカワガレイ、体長43cm、150円、うぎゃーっ!なんでマツカワが混ざってんねん、尾びれ、背びれの阪神タイガース模様が特徴です、裏側の黒点が薄いですねぇ、最初ホシガレイがと思いました。ここ見ればわかりますが、城下ガレイに並ぶウルトラ高級魚、ゆえに養殖までされている幻のカレイです、幻ゆえに150円!刺身でも4人前は取れます、とにかく美味。 こいつはさすがに買って帰りました♪





画像 149 


ヒラメ、体長45センチ、2匹、300円、足が映ってるんで解り易いですが、デカイです、カレイに混ざっていました、刺身で活け造りには丁度いい大きさですね、買いに来た人はカレイに混ざっているんでヒラメと気が付いていないでしょうねぇ。 





 画像 143

ヒラメ、体長45cm、1000円、 ???????????

見なかったことにしませう。






画像 152 


真ガレイ、体長48m、400円、巨大ガレイですね、こんなん釣りで釣れたら魚拓もんですよね。







画像 154 


赤メバル、体長27cm~30cm、4匹、800円、意外や意外、全国的にポピュラーなメバルが佐渡では高級魚でございます。一匹200円もするんですねぇ・・・。





画像 150 

不明、体長40cm、100円、ウミヒゴイという魚かと思いましたがたぶんカンダイ(コブダイ)の幼魚ですね、わけわかんない魚なんでとりあえず100円にされたみたいです・・・。 育てば弁慶になれたかも。
 





画像 162 

ホウボウ、体長25cm、4匹、100円、これまたわけわかんねーから100円でいっかって感じがします(笑)煮付けや味噌汁の具、鍋物と汁物ならなんでもイケる大衆魚なんですよねぇ・・・。

と、まぁ、こんな感じっす。まだまだありますが、

フツーでしょ?

 追記


さて、早速こんなメールをいただきました♪

板前なんでたまにここ見てるんだけどすごい魚種と価格だな、「まだまだありますが」って書いてあるけど他にはないのか?



たまにしか見ねぇくせしていきなりタメ口かよオラ


 って言いたいとこですが、(言ってる)過去のやつや値札が付いてないやつ載せましょう♪


ほなイッてみよう!



画像 541 画像 542



何匹入っているのかわからんです、一冬分と言った方が早いですねぇ。






画像 552画像 553 


これは大体15~20匹くらい入ってるんですかねぇ?言っておきますが


一箱です。






画像 458


サザエ6個で212円です、


惜しい!


一個30円なら買うんやけどな・・。






画像 459 


ズワイガニ128円、うーん、カニネタはこの前やりましたが、島外の人から見れば信じられん価格なんでしょうけど・・・・



ぬるいわ!



画像 460 
SN3I0386.jpg


一箱なら500円♪活でっせ~、下のセコガニ(メス)はもはや「かに」としか表記されないのです。





画像 022 


で、カニが高級だと言うなら天然ブリだってそうですよ、60cmの発砲箱から飛び出る大きさのが


780円もするんだぜ。






画像 880


「イカの女王」なんて名前は佐渡では無縁、アオリイカ5杯で600円、まだ生きてますが、そんなん佐渡じゃ珍しくないです。♪動画をどうぞ。



[高画質で再生]

佐渡のスーパーで売られるイカは・・・・ [アクセス解析]










画像 876


イシガキダイ25㎝3匹400円


別名

「シマダイじゃないシマダイ」

そもそもこいつらは死滅回遊魚なんで丁度塩焼きサイズになって店頭に並んで二束三文で売られて終わるわけです。





画像 875


キジハタ、メバル、ツブ貝、アジ、ハゲいろいろで300円


晩酌セット






画像 155 


アブラツノザメ、40cm二本、390円、荒波日本海でもサメは豊富に獲れます、その量は年間3万トンにもなります、それだけ消費されるんですがどう料理されるのかは区々ですね、このサメですが地物で390円の値が付くってことは他のさかなと比較すると上位に位置しあすよね(マツカワガレイより高いやんけ)





画像 159 

クロムツ、体調36㎝、780円、刺身用なのでワサビが付いています、ノドグロと同じ場所(水深100m以上)で獲れるんでしょうね、ノドグロに並び高価です、以前菜の花さんで食べたクロムツは大型で、頭の部分を塩焼きで食べましたが最高に旨かったです。




画像 019 

ノドグロ、体長47cm、3000円、クロムツが出たならこいつでしょうってなお魚、この魚の詳細は来月明らかになりますよ。




画像 158 


メダイ(目鯛)、体長44cm、980円、深海性の魚でノドグロ、クロムツ、アラなどと違って年中水揚げがあってリーズナブルなのがこのメダイ、日本海側のメダイは刺身で食べると太平洋側のとは比べ物にならんくらいに味が違います。マリネなどの西洋料理でも旨みを出せるくらいに脂は多いがクセが無い魚です。





画像 160 

アマエビ、10匹前後、318円、アマエビのことをなんばんとこっちでは呼びます、子持ちの今は卵とエビの甘さを両方味わうことができます。でもちと高価かな。箱買いしてナンボのエビかもです。




画像 157 

クロダイ、体長45cm、798円、釣り人の憧れチヌっす、この型のクロダイを釣るために、ライフジャケット、フィッシングスーツ、堤防タモ、チヌザオ、リール、新素材ラインetc・・・、

表示価格の200倍

以上の金をつぎ込むんですねぇ。産卵前は猫跨ぎです、寒くなってから食べると真鯛とは違うコリコリ感があって美味。




080619_1427~0001
  

イシダイ、体長33cm、152円、哀れ磯の王者も佐渡ではトビウオ以下の価格・・・。この記事からもって来ました。




m_image21_20090329110325s_20090417141148.gif

真鯛25㎝ヤマメ、体長22cm、2匹、価格0(オマケ)これもこの記事から、「清流の女王」のヤマメは佐渡ではオマケでした。






SN3I1270.jpg


買い物かごと比べればわかるが、24.8kg、1m50cmの超大型のヒラマサである、ちっこく写ってるヒラメが丁度かごの大きさで2キロ物だ。なんでホテルや大型旅館でなく普通ににスーパーの店頭に並ぶのかって、ただ単にシマアジじゃないからです。

んで、価格が50000円、この「佐渡のお魚常識」ではめっさ高価に思えますね、ここの築地の競り値を見てみると天然カンパチは一㌔4,000円から5,000円前後となってますので、このヒラマサは㌔2,000円ですので・・・・、

ウホッ!養殖価格!

となります。早い話は半値ですね、佐渡は何かとタノムシや消防団、商工会の集まりやなんやらでの集まりが多いんでこういうのが店頭に並ぶのかもしれません。








SN3I1282.jpg



 さて「佐渡産サンマ」です、サンマといえば秋ですが、佐渡ではこの2月でも水揚げされます。


gbkbhkj.jpg 

ハイ、この真っ黒な目を見りゃ一目瞭然ですが、鮮度は抜群で刺身OKです。この時期のサンマは押し寿司などにはいいですよ。



画像 310



45センチの青鯛です、「青鯛」と書かれてるくらいですから、佐渡(日本海側)でも青鯛なのでしょう。こちらに書かれていますが、ほとんど流通しないウルトラ高級魚魚どころか、生息するのは南日本の太平洋側に限られるはずなのに、佐渡で上がるということはここ数年で佐渡近海は劇的に魚類の生態系が変わってるのかもしれませんね。



画像 311 


50センチのアンコウ、この時期になると鍋用にさばいていないので、加工料が入らないともはやこの価格で買えます。俗に言う「あんこうの吊るし切り」というのはパフォーマンス性も去ることながら、身体の部位を別々に分けるだけの作業ですので、ご家庭ではエラ取って内臓出したらバンバン切って鍋に放り込めばOKです。残す場所はエラくらいの魚ですからね。





SN3I1351_20110222124659.jpg  



いよいよ底値となりました。今回は大量放出しまっせ、まずは


本ズワイです

雄ガニです

活物です


三拍子そろって


箱売り1000円!


ですが、

「えーそんなにたくさんはいらんちゃ、1000円もあったらうまい棒100本も買えるしー」



なんて言う佐渡島民は多いでしょうから



そんな人にはコレだ!


SN3I1353.jpg SN3I1352.jpg


100円ガニ!


見ての通り6匹くらい入って100円のもあれば巨大なの2~3匹とかいろいろ選べます♪これなら


缶ジュースより安い!


カニはご覧の有様ですので、ちと高級志向な人はこれあたりですね、


SN3I1355.jpg 


特大ボタンえび10匹500円


他県で食いつきいいのはこいつでしょうが、この刺身用ボタンを



SN3I1356.jpg 



こんな味噌汁でいかが?


ってなもんですかね。



SN3I1350.jpg 


太刀魚1m物300円、煮ても焼いても刺身でも美味い太刀魚ですが、佐渡でも当然あります。こいつは新潟沖のですが、佐渡では値がつかないんですねー、食ったことが無いという人結構多いです、まさしく大衆魚というか庶民の味ですので個人的には老後はこればかり食って過ごしたいもんだ…


SN3I1354.jpg 


って、本当に底値を迎えたのはやはりこいつ、真ダラの鱈箱!8キロ級が2匹で1000円、金額うんぬんより


重くて老人には持って帰れない



そこが由々しき問題なのです。


佐渡の情報配信の王道ってやっぱこういうとこでしょ♪



画像 431

モロトゲアカエビ、10匹700円、体長10㎝~13㎝。

こちらを見ればわかるが、産卵数が少なく再生産能力が低いためにとても高価。そして水深180mより深い場所に生息しているので佐渡でも水揚げされる数は少ない。

少ないがこの価格である。


佐渡では佐渡産の魚以外(佐渡では獲れない魚)は手に入らないと思われるが、



そんなことは無い。



画像 430 


兵庫県産イカナゴ500g200円、いやぁ、関西の味です!七輪で炙って食べても最高です。


が、七輪で炙って更に美味いったらこいつです、


画像 433 



気仙沼産メヒカリ、500g800円  食い方にコツがありますが美味!いわゆる深海魚です、佐渡ではさすがに水揚げされんようです。

が、しかし!


七輪で炙って更に美味いのがある!


まさに

キング・オブ・七輪!



画像 362 


北海道産本シシャモのオス 超特大10匹500円


通信販売なんかで買うのアホらしいです、フツーに売っています。魚介の宝庫佐渡ってのはこういう部分もあるんですよ。






 佐渡のお魚常識




まぁ、見ての通りです。今年初のモクズガニの網を仕掛けて、一晩たって上げたら



画像 449




この有様です。


網の中は50匹ほどのカニでぎっしりです、大体20キロくらい入ってました。



 画像 450


そら重たいわけですわ、600g級の雄ガニがゴロゴロ入っています。




画像 452 画像 453


とてもじゃないけど食える量じゃないので関西にカニ砲発射です、おがくずを入れるとピタリとおとなしくなります。エラが塞がれるからでしょうね。




SN3I1585_20110413114527.jpg  SN3I1586.jpg


こんだけ魚介類豊富な佐渡でロシア産とは滑稽な・・・と、思う無かれ、見てのとおりハサミや足が欠けたC級品なのだが、ボイルではなく活物である。生きている本ズワイのオスが4匹、ずしりと重い立派なカニである、これで880円ということなので私的にはお得だと思う。(佐渡では猫またぎかも)



SN3I1588.jpg 


この時期の春の味覚と言えばこのしら魚、見てのとおり生きたまま売っている、というよりしら魚は生きたままじゃないと価値が無い。そのまんまポン酢かけておどり食いってのが一番旨いのだろうが、そばに入れてしら魚そばにしたりと食べ方はいろいろです。


23年 4月12日 追加
 



DSC_0008.jpg 


北海道産の大型真ツブ 一個200円

15cm前後でどっしりとして重たいです。当然活物なんですが、驚くのは北海道の2分の1以下ということ、場所にもよりますが私が住んでいた札幌でも日高でも真ツブは高かったです、北海道で刺身を食べるにして1000円取れるのはこいつくらいなもんなのですが何故?何ゆえに・・・・




DSC_0006.jpg 


フサギンポ 45cm 3匹 100円

この魚はいわゆる「加工魚」でして、釣りでは外道、鮮魚では下魚ですんで100円です、もはやグラム幾らって勘定じゃないですね(笑)刺身で食っても味がありませんが、逆に唐揚げにすると臭みを抜く必要が無いばかりか、味を吸うので、カレー粉まぶして唐揚げにすると絶妙に旨いです!こんだけの量ですと弁当にしたら20人前は作れますねぇ。で、何やら後ろに・・・・・





DSC_0007.jpg 


クロダイ 40センチ 200円

えーっと・・・・・もし、150円の魚があったとしたら、それは、


フサギンポ以上クロダイ以下

という、佐渡の魚用語が使われるかもしれません・・・・。



魚好きな人で老後の余生は是非佐渡に!

23年 5月 21日 追加





DSC_0140.jpg 





さて、今回は佐渡の魚は安いのが当たり前の逆の魚です。こいつは「チカメキントキダイ」、日本海側ではこいつが「キンメ(金目)」と言われますね、本家の金目鯛と同じく太平洋側のお魚です。ですが、対馬暖流に乗ってうっかり佐渡沖で水揚げされたのがこいつなんですが、40センチほどの固体で2900円・・・・と、いうことは・・・・


ノドグロより高いやんけ


ってなお魚なのです。ホンマに佐渡って不思議ですねぇ。

24年 1月 5日 追加


DSC_0464.jpg
【キンキ】5匹 20cm 誰も買わないので700円→500円 】
 干物も良し!煮付けもよし!



DSC_0462.jpg 


【アマダイ+おまけ】 25cm 1000円

佐渡でアマダイは珍しいです、京懐石、洋食でもいろいろ作れますね、オマケに

ノドグロの塩焼きサイズが入っています。




DSC_0465.jpg 

【アカバチメ 45㎝ 250円 茶バチメ 30cm2匹 500円 黒バチメ 40cm2匹 500円】

ハチメ(メバル)御三家ですw

こんだけ巨大なハチメですが、一律250円ですね、まぁ、これが相場ってことになるんでしょうかねぇ。

この三種がこの価格で並ぶ姿は貴重です。



DSC_0466.jpg 

【真ホッケ】45㎝、4匹 150円


佐渡ではホッケは「ドモ」とも呼ばれ、猫またぎ的存在でして、このように値が付きません。塩水にちょいと砂糖を混ぜて霧吹きでかけて開きを干せば、

当然、居酒屋の定番、ホッケの開きが食べれます。



ですが、北海道のホッケと違い、日本海のホッケは脂の乗りがイマイチなので買っていくのはほとんどがお年寄りです。もし、将来年金破綻したら年寄りの食生活を救うのはこのドモかもしれません、なんたって、小木半島ではこのホッケの大群で海が真っ黒になることがあります、私の見立てで


その数推定20億匹


くらいの規模ですんでw


DSC_0467.jpg 

【身欠きニシン いろいろ】


この時期になると佐渡にはニシンがショーケース一面に並びます。魚介の宝庫、何でも獲れる佐渡であっても、このニシンは佐渡では水揚げは無いので、春の煮物料理に欠かせないニシンを大量に買い付けるのです。本当に佐渡ってのは面白い水産事情がありますねぇ。


DSC_0468.jpg 

ロシア産とはいえ、この立派な品揃えw 煮物ってか、フツーに焼いて美味いです!佐渡は小骨が多いので川魚と同じくニシンを焼いて食べる文化は無いんですけどね。


2012 ・4月21日 追加


562215_313736748703655_100002019965182_730273_658808310_n.jpg 

【真ふぐ白子】 100g 128円


こちらは佐渡の国民宿舎海府荘の地多シェフの情報です♪

真ふぐの白子ってのは、まちまちですが、(価格参考)100g800円~2000円もするぶっ飛んだ価格なんですが、佐渡ではなんと128円です。これはもうシャケやマダラの白子と同等扱いですねぇ。



2012 ・5月22日 追加






DSC_0305_20120828225747.jpg 

【マゴチ】 40センチ 192円45センチ 296円



まぁ立派なコチですね、刺身用として申し分無いでしょう、かつての駄貸し屋で出していた刺身の盛り合わせにもこれは入っていましたねぇ。







なんと!


DSC_0307_20120828225746.jpg 


しじゅう(アイナメ)の方が高いですwアイナメは佐渡ではもっぱら焼きアゴと同じく焼き干物で蕎麦や煮しめの出汁にしか使われないんですが・・・。


DSC_0309_20120828225745.jpg 
DSC_0308_20120828225746.jpg 




【北海道産 天然ぶり】 53センチ 3.3キロ  2643円


これは驚愕ですね、確かに3キロであればギリギリに「ブリ」でいいんでしょうけど、この価格・・・・


佐渡島外の魚も実は豊富な佐渡島の真の実力のような気がしますねぇ。



2012/  8/  29 追加





 
fc2blog_20120904011939769.jpg 


【コハダ 新子】  1㌔ 1980円

これは佐渡の魚が安いというわけではなく、佐渡においても江戸前寿司の需要があろうが無かろうが新子はそれなりの値が付くということですね、佐賀県産がわざわざこの鮮度で佐渡に渡るわけでえすから奥が深いですねぇ、まさに佐渡は魚天国!


fc2blog_201209040119041c1.jpg  
 

【活本ガザミ  二匹 1㌔ 500円】


これはなんちゅーんでしょうか、もうムチャクチャな値段ですね、本ガザミ、いわゆる国産ワタリガニは数が激減、実は首都圏では輸入のタイワンガザミがほとんどで本ガザミは姿を消したと言ってもいいでしょうね、持ってみるとズッシリ重たいです、こんくらいだと相場は下手すりゃ5000円越えちゃうくらいの代物です(嘘だと思う人はこちら



fc2blog_2012090401182661a.jpg 


活ガザミを茹でる場合は必ず氷水に入れて半殺しにしてから茹でましょう、そうでないと足がみんな外れてしまいます。そんまま茹でて食べるもよし、鍋に放り込むもよし、パスタにしても、キムチ(ケジャン)にしても美味いガザミなのですが、佐渡ではヤマメやイワナ、モクズガニと同じようなもので好んで食べられる魚介類ではありません、故に島内消費だと哀れこの価格なのです、一匹250円!こりゃたまげましたね。


2012/9/5  追加






画像 698 

【刺身用メジナ】38センチ 398円


佐渡の魚屋さんでこれを見かけるのは案外珍しいかもしれません、メジナと言えば磯釣りの人気魚ですが、佐渡に来てこれを釣る人ってのもあんまいないでしょうね、真鯛が釣れるポイントでメジナ狙うってのもねw見ての通り丸々太っていて脂も乗っています。

画像 691
画像 696 


【カレイ、クサウオ 30cm 198円】

これは完全に外魚の投売りなんですが、釣りでも時折外道で釣れるクサウオですが、見た目のグロさとは裏腹に煮ても美味い、刺身はポン酢の相性良く、卵は最も美味、実はとっても美味い魚です。佐渡の人はわからない人多いんじゃないでしょうか?


2012/9/29  追加




  画像 076

【岐阜産特大天然子持ちアユ 30cm 二匹  450円】

佐渡で獲れるかって言うとアホほど捕れますが捕る人がいないってな魚の鮎、佐渡では南部の羽茂地区では盛んに羽茂川で漁が行われ、「鮎の岩焼き」が食べられるくらいです。

画像 077 


佐渡の真に凄いとこは、こういうのもキチンと島内に入ってきて売られていることです、売り手のほうも気合を入れて売っていますね、実際この鮎、5~600円しますよ、普通なら。




画像 078

【オコゼ(アラカブ)45cm 300円】


こちらはとんでもない大きさのアラカブですね、300円という雑魚プライスで販売されちゃっています。九州人はこいつを味噌汁に入れて食べるのが好きなんですが、佐渡でアラ汁ってーととんでもない豪華なのが出るのは確かです、佐和田の人気回転寿司の弁慶さんではノドグロのアラ汁が普通に食べれますしね。


2012/10/05  追加




画像 735
  

【シロギス20cm 12匹  550円】


天婦羅、塩焼き、刺身と、シロギスのフルコースができますね。



画像 736

【カサゴ、マダイ、30cm 500円】


もはや値が付かない本土での高級魚w



画像 739

【本ガザミ 45cm 1キロ 500円 】

デカいです!重いです!佐渡沖でこんな巨大ガザミが獲れまくるんですねぇ、重さですとズワイより重たいです、その身の詰まりかたがよくわかります。



画像 740

【マダラ 1m  2500円 】


タラ鍋にすれば20人前です。




画像 742

【カマス 10匹 500円 】

一夜干しの美味さは絶品ですが、焼いて干して干しカマスとして出汁に使われることもあります。


画像 741

【活サザエ 12個 745g 540円】

これは羽茂のJA小泊で販売されているサザエですが、佐渡の販売店では最も安いかもしれません。




2012/10/10  追加



画像 187 


【栗島ブランドさば】 1匹 680円


エラの色、体色、目など、これはもう見事な鮮度と質としか言い様がないでしょうね。関サバ関アジ特有の「黄金色」でもあります、なぜ黄金色かと言うと、サバのなかには回遊せずに根に付く個体が存在し、それらの根付きサバの大型化したものは黄金色に見えるほど脂がのり、その食味は絶品なのであります。


画像 188 


栗島では、このサバをブランド化して、識別タグを一匹づつ付けています。すぐお隣の島では特産品開発に積極的に挑戦していますが、佐渡は未だ牛歩、ですんで、栗島のブランドさばを東京とかで食べれることを楽しみにしてますね。



2012/12/19  追加



FJ310009_20121221003242.jpg FJ310008(2).jpg  


【カジキマグロ】 1匹 2500円


私の大好きな島内ブログ、奇楽庵さんから頂きました♪

こういう変わり肴はスーパーマツヤの佐和田店によくあるのですが、これはなぜか金井店にあったそうです。この大きさですと、ブリで言うならイナダのようなものなのでしょうか?そうするとカジキのダレた身が締まってるってことですよね・・・、うーん、食べてみたい。




画像 833  

【タラバエビ】 約20センチ  3500円



一見、子持ちのボタンエビであるが、隣の大ぶりのサザエと比べても、とにかく巨大である、しかも重い。タラバエビとは鱈場エビのことで、タラがすむ海、すなわち寒海にすむエビということです。一匹700円と考えるとこの大きさだと安いと言わざるを得ないですね。

2012/12/28 追加







IMG_1447.jpg


【マゴチ】 40cm   300円

うーん・・・・これは説明のしようが無いですね、出所もしっかりしてるので鮮度は水揚げ後6時間以内ですので、当然刺身でもイケます。ずっしり重たいです、肉厚なのでやはりお刺身でしょうねぇ、しかし、300円って・・・・



IMG_1444.jpg

【ホヤ】  一個100円

これまた、魚介の宝庫佐渡であっても、三陸、北海道の海の幸は入らないなんてとんでもないです!このお魚常識では度々紹介していますが、佐渡は北海道食材天国でもあります。マボヤでこの価格って、ほとんど原価売りに近いですねぇ。




IMG_1419.jpg

【メジマグロ 45cm 1300円  真鯛 55cm 1500円】


なんかもうこうなるとタイとマグロの威厳っちゅーのは消し飛びますよね、真鯛です、天然真鯛です!マグロです、メジですがマグロです!加工賃ってことでオケ?って感じですね。





IMG_1418.jpg

【コウグリ(ウマズラハギ)】 35cm  200円


久々の「佐渡のお魚常識」の更新ですが、そのトリに相応しいですw


こんだけ大きく重いコウグリなのですが、売り手がツノが二本であることに、


付加価値を付けた結果200円


素晴らしいですね、鮮魚担当さんの魚への愛情が伝わります、実際、こういう発想ってのは別な意味で優秀な人材だと思います、なぜなら、こうして魚の特徴を伝えて売るのが町の魚屋さんなわけです。

こうぐりのツノが二本なのは考えられるのは幼魚期に損傷したツノがそのまま成長したからかもしれませんね、断定はできませんが、カワハギでも二本角はたまに見かけます。

2013  5/30  追加



IMG_1472.jpg 


【オコゼ  15㎝ 9匹 500円】



IMG_1470.jpg 

【アンコウ  40㎝ 20㎝  50円】

2013 6/1  更新






IMG_1705.jpg 


黒(本)マグロ 1・ⅿ 20・2㎏  60000円



ついに登場したって感じですね、単純にキロ計算するとキロ3000円ってことになりますが、当然この大きさでも中トロも大トロは存在するわけでして、捨てるとこがほとんど無いマグロですんで一匹丸ごとあれやこれやと使えることを考えると安いです。



おまけ





IMG_1724.jpg



たまに佐渡でもこれくらいのインフレが起きますw


2013  7/20  追加





さて、何げに3ヶ月ぶりの更新ですね♫

 
992639_538938322849624_417671999_n.jpg 


【ノドグロ 45cm 930g  5394円】



このお魚常識では高額に感じるかもしれませんが、一キロ級の巨大ノドグロです。この大きさは佐渡で店頭に並ぶのは飲食店以外では珍しいですね。


1394859_538938459516277_204459896_n.jpg 


【カジキまぐろ  1.5m 7kg】


スーパーでこういうの売ってるのが佐渡なんですが、下にある3キロの立派なサワラが4500円です、んでもって、その倍はあろうかってなカジキですが・・・・



1393292_538938396182950_1932385863_n.jpg 



にっきゅっぱ!



ある意味、切り身やすり身に加工して、保存食にした場合、かなりお得感もありますが、刺身としても回転寿司では佐渡でも並ぶ魚ですんで、この鮮度のカジキがこの価格ってのはすごいですねぇ。



2013 10/16  更新






1462010_553268561416600_2049714554_n.jpg 


【イシガキダイ】 35cm  512円


佐渡で市場に出るのは珍しいです、なぜならイシガキダイは佐渡では死滅回遊魚であって、このイシガキダイも佐渡の海にいれば、あと少しで水温が下がり死んでいたからであります。ですが、このイシガキダイが本当に死滅回遊魚であるという確固たる証拠は根拠があるだけで確認はされていないそうですね、石鯛と同族であるものの、カテゴリー敵には「熱帯魚」なんですね。


1414747_553268631416593_1565987428_n.jpg 


【アカヤガラ  50cm  870円  ヒラメ40cm 380円】



東京では、最上級の高級魚、ヤガラ。当然日本海の佐渡でもなぜか漁れちゃいますwヒラメが普通に300円代ですので、800円も値が付けば佐渡では立派な高級魚であります。




 536992_553268414749948_70329533_n.jpg


【アラ  40cm 855円 】


ついに出ました、「超」が付くウルトラ高級魚、もはやその存在は幻であるのにノドグロの半値以下の扱いですw

よく間違われるのはクエの総称で「アラ」と呼ばれますが、まったく別でこっちが本家、そして、クエよりも味は美味いです、一見、スズキ目なので、この大きさですとスズキっぽいですが、立派なハタ科、体長は80cmにも達するクエ同等の大型魚であり、日本海側で越冬できる魚、いわゆる、死滅回遊魚でないハタ科の魚はこのアラとキジハタだけと言われます。

釣りの世界で「幻」と言われがちですが、このアラ、流通価格は


kg/12500円



というぶっ飛んだ価格の高級魚なのであります。

詳しくはこちら



2013 11/06  更新



 
o0480064012810545524.jpg 



【毛ガニ 投げ売り価格100円】

毛ガニは以前も紹介していますが、活毛ガにをここまで底値で売っちゃうって、もはや浜値が付かない旬のカニなのであります。北海道の人が見たら何ていうんでしょうねw





o0480036012810736776.jpg 

【生岩海苔 100円 】


生岩のりってのは実は高価な物なんですよね、そりゃそうです、日本海の荒波で育った生岩のりは収獲時期が短く、冬のなかでも特に寒さの厳しい1、2月にしか採れない希少な岩のりを手で摘むわけですから当然茶当然でして、こちらは一例ですが、一般的な流通価格は

100g 12000円

キロ換算するともはや


前回のアラが雑魚に見えてくる



代物なのですが・・・・・佐渡では100円であります。



画像提供・元記事

花と遊びに耽るブログ


2014  1/9  更新








佐渡の活蟹です、見ての通り生きています。佐渡の人には珍しくないかな?



1608979_588578374552285_1227416162_n.jpg 


【刺身用甘エビ  30匹  100円】 

もうこうなっちゃうと、お寿司に二尾乗ってる甘エビ二貫で170円とかが・・・・って感じですね。

2014 1/20  更新




o0480064012843002289.jpg 


【本ズワイガニ(雄)  一匹 約1kg  150円】


再びカニ登場ですが、この大きさでとなると、もはや佐渡の浜値はどうなってんねんって感じです、このまま買い占めてトラック積んで大阪で一匹500円で売ったら・・・・って、


本気で思っちゃいます。



o0480064012842987624.jpg 
2014/2/14  更新





uykiui66k (1) 

【イワナ  45cm 600円】

いわゆる尺イワナのようなものだが、塩焼きサイズじゃないとはいえ、この価格は投げ売りですねw

サクラマスと一緒に獲れたのでしょうか?

uykiui66k (2) 

【刺身用  カサゴ 40cm  680円】

巨大にして重たい!この巨大なカサゴおるんですねぇ、ハチメかと思いました。刺身だと6人前は取れるでしょうねぇ。


uykiui66k (3)  

【刺身用サワラ 50cm  398円】

そもそも刺身で食べれるサワラって自体で鮮度価格ってのもあって幻なんですが、佐渡じゃ大アジと同等www

私が個人的に佐渡で刺身というカテゴリで一番価値がある刺身はサワラですかねぇ、こいつは例えば、都会に住んでいたとして、金払えば食えるって代物じゃないんですよね、んでもって、この適度な大きさ・・・・。うーん・・・買えばよかった・・・。


2014/4/27





10357877_646123168797805_1035753564_n.jpg10361251_646115175465271_1375428464_n.jpg

【 ブリ 刺身用  50cm  500円 】

こう言っちゃナンですが、天然であります、養殖ブリの価格はわかりませんが、とにかくこの価格。今の時期は佐渡はイナダからブリからわんさか水揚げされるというか、防波堤から釣りするだけでもアホほど釣れるんでまぁ、こんなもんです、イナダになるともはや値がつきません。


10385003_646124888797633_192071818_n.jpg 

ひと周り小さいワラサですと398円、刺身にすると家族6人前くらいはあります、ってか食いきれないと思いますwww

当然、三枚おろしにしてくれて398円ですんで、売る側は薄利なんてもんじゃないです。



10384979_646124918797630_1500072525_n.jpg 


【刺身用天然ヒラメ  45cm  480円 】

うーん、なんか天下のヒラメだと刺身サイズでこんくらいの値がするかと思っちゃいますね、佐渡の人ならw


10379206_646124992130956_1041411032_n.jpg 


ですが、お隣の店では同じ大きさで刺身用ヒラメが150円です。これが現実、そして佐渡!




10374262_651078574968931_843015693_n.jpg 


【背ビレ、ワタ抜き処理済みオコゼ  20cm 8匹  600円】

毒のある背びれのトゲを抜いて、エラとワタを抜くだけで、作業代で600円取れると思うんですが・・・・



10416727_651078558302266_1361387277_n.jpg 


【黒舌平目  45cm 二匹  150円 】

この大きさですと三枚おろしにして骨抜きのムニエルが楽勝で作れますね・・・・こんだけ巨大なのって見そうで見かけないもんなんですが佐渡ではこんなんです。


10374423_651078544968934_1855323964_n.jpg 


【マゴチ  45cm ホウボウ35cm   150円  】


もはや高級魚マゴチもまったく値が付きません!w ホウボウだって地域によっては高級魚ですし、輪切りで味噌汁ブチ込むだけで美味い魚なんですが、猫またぎ的な存在と化しています・・・。



10423501_651078531635602_1047622022_n.jpg 


【サザエ 500g×3  850円 】


これ、写真の塩梅で大きく見えませんが巨大です!そして重い!巨大サザエです、恐らく7年物あたりだと思います。こんだけバカでかいサザエを獲ったとしてもこの価格って凄いですね・・・刺身だと8人前くらいとれる大きさです。

2014/5/27  更新



 
10428785_656764081067047_243402496_n.jpg  

【ずっしり重たいワタリガニと40cmの刺身サイズのマゴチと舌平目 200円】


完全に浜値が付いていないとしか言いようが無い価格ですねw


10447254_656177051125750_1886535928_n.jpg 

【アブラガレイ 50cm  300】


開店寿司でエンガワとして出されたり、給食などの白身のムニエルはこのアブラガレイです。鮮魚で流通するのは珍しい魚ですね、当然揚げ物などでは逸品でありますが、この価格です。


10425655_656177077792414_2115296043_n.jpg 



【活赤ナマコ   4匹   1・5kg   250円】


まだ生きていました、巨大な赤ナマコです、赤なまこと言えば高級ナマコなんですが、主に酢の物として食べられるわけですが、この両ですと家庭用だとあまりに多いですよねぇ。一匹で売ると価格も更に落ちちゃうわけです。

2014/6/10

10455167_731348640275257_6529843679881898449_n.jpg 


【アラ  25cm  二匹  198円 】

アラの登場は二回目ですが、もう、こうなっちゃうと、「幻の高級魚」なんていう感じが無くなっちゃいますね、アラがアジ扱いw

丁度塩焼きサイズですが、煮付けもいいですねぇ。

201411/12










よろしかったらチェツクを!( ゚д゚)、ペッ
     ↓ 

にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 

 無料無料無料


よろしかったらのぞいてみてや~ 

佐渡なび!ブログアクセスランキング
  adlfalmfa;ldmf;

プレゼンテーション2 






【お知らせ】
dfqjlrjql 

出世街道は店長候補を募集中です!




10394506_650035901739865_814530944968737927_n.jpg

ビフテキ定食出世街道にて販売開始!


出世街道ラーメンが夏メニューに変わりました!

 いない時用夜マスターいないとき 
※画像をクリックすると各メニューが見れます。    

 



関連記事
2009/04/16 07:16|佐渡のお魚常識TB:0CM:6

コメント:
すまんが
たまに見るからタメ口なんだろーがよ(笑)

でもとても参考になった一つ精進したよ ありがとう。これからもいろいろ勉強させてもらいます
板前のはしくれ #-|2009/04/17(金) 16:48 [ 編集 ]

むふふ
貴様とはうまい酒が飲めそうだ。
マスター #-|2009/04/17(金) 18:03 [ 編集 ]


メバルじゃないですね
クロソイです
本土では1匹300円くらいです
佐渡にはあまり大きいメバルはいないと聞きます
ハゲ #etbfE.eg|2014/09/11(木) 03:53 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
クロソイと黒バチメは別物です、クロソイの特徴の模様は無いですよ、ハチメの呼び方は様々です、クロソイとキツネメバルとタヌキメバルも島根ではメバルです。ハチメは正式にはメバルの一種ですが種類が多くて正式にはまだわからないところが多い魚らしいです。あと、「佐渡には大きなメバルはいない」って意味不明通り越して横浜の海釣り桟橋みたいな知識はどこで得たのでしょう?w

どこの都会のお方かは存じ上げませんが、偏った情弱な知識で書き込まれると田舎のこちらが間違っているように誤解されるのでそちらの常識をこちらの常識で紹介している場に押し付けないようお願い致します。
出世マスター #-|2014/09/12(金) 01:30 [ 編集 ]

タコハゲ

カレイにスルーwwwwwwwww
出世マスター #-|2014/09/27(土) 08:41 [ 編集 ]

Re: タイトルなし
どう見ても一番近い容姿はクロソイなんですが、
地方によっては呼び名が違うとの指摘を無視して
得意げに書き込んでスミマセンでした。
「 大きい黒メバルとは40cm以上のもの」
とか馬鹿丸出しなことを書いてしまうとこでした。
佐渡などでは魚屋に陳列した時に表記される名と
釣り人や漁師が呼ぶ名が違うので通称で呼ばれる
のでちゃんと黒バチメと呼ばれてる魚に()を
付けてクロソイも含め「黒メバル」という通称を
書いてあったのに申し訳ありませんでした。

もう二度と書き込みません、精進します
ハゲ #-|2014/09/27(土) 11:04 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:
トラックバック URL
http://kairou.blog54.fc2.com/tb.php/1017-b793bd45

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

友達申請して更新情報チェック!

ネタを見つけたらすぐに携帯電話からfacebookにアップロードするようにしてるんで大体こちらにブログネタはありまっせ♪友達申請にはメッセつけんでもOKでやんす。



これで毎月稼いでます!

このアホBlogを購読する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
21位
アクセスランキングを見る>>

スーパーキング激安情報

里親募集

アクセスランキング

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 離島情報へにほんブログ村 その他生活ブログ レジャー・娯楽へ ↑↑↑↑↑↑ 島旅計画中の方必見! 佐渡島だけではなく、日本各地の生の島情報が満載された離島ブログにアクセスできます、沖縄、父島、石垣島、屋久島など気になるあの島の今日はどんなことがおきている?
紹介

NOW ON SALE!

RSSフィード

過去ログ

最近のトラックバック

あし@

Copyright(C) 2006 佐渡の太陽 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.