佐渡ヶ島のこだわりラーメン「出世街道」のマスターが贈るホットでディープでシュールなブログ

【ご注意】
■当ブログは著作権法により保護されています。当ブログの記事内容、、画像、ブログ名、直リンク、店舗名などの無断転載はお断りし掲載は許可しません。
■このブログは飲食店でありながら、飲食店であるまじき、飲食店の風上にも置けないようなコンテンツ、画像、擬音、あえぎ声、衝撃映像等があります。
■佐渡に在住している方にはわからない文法や、スカトロ風味、エロ表現、炸裂音、擬音などがある場合がありますが、表面上あまり気にしないで下さい。
■日本の未来や佐渡の未来を実は無関心風に、断片的に語りつつ、尚且つダラダラと更新され、愛と正義と矛盾に溢れた ブログを目指しています。
■マジレスはいやよマジレスはいやよマジレスはいやよ、マジレスはいやなの、だからマジレスはイヤなんだっば!ってか、痛い!そこじゃないんだってば!
●今年で10周年!老舗超絶アホサイト駄貸し屋ホームページ  ※ホームページへのリンクについてお願い
blogに関するごご意見、ご感想等、お便りはこちらのメールフォームへ

  



動画:水曜見ナイト 亀の手ラーメン


アースセレブレーション2017’開催まで

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

出世マスター

Author:出世マスター

マスタープロフィールページ
新潟県佐渡市中原の「こだわりラーメン出世街道」の関西出身のマスターが毎日更新する、blogです、ホームページは13周年の老舗バカサイトです、お店の情報だけでなく様々なコンテンツがあります。

■塩サバは断固ノルウェー産派です。
■逆子です。
■指定不快害虫図鑑を読むとぐっすり寝れます。
■トンガリコーンに指を挿して食べます。
■陰茎の右側にホクロがあります、私のニセモノが現れたらそれを目安にして下さい。
■岡田奈々のフアンです
■時世の句は「花を持った手で女性を叩いてはいけない、花が傷むから。」

□好きな食べ物 

アカセン、豚足、生レバ、なまこ、センマイ湯引き、うるか、ふなずし、ホヤ、くさや、カワハギの肝、ガメ煮、キンカン煮、酒盗、鶏モミジ、マグロの目玉

■苦手な食べ物 

キャビア、キッシュ、フォアグラ、ラザニア、国産霜降りステーキ、大トロ、ビシソワーズ、ナシゴレン、トリュフ

□好きな飲み物

ホッピー、アブサン、二頭まっこり、電気ブラン、熱海ワカメ酒、花の友熱燗、ハブ酒、白波原酒、泡盛原酒、ヒレ酒、赤玉パンチ、チョーヤの梅酒、サントリーVO

■苦手な飲み物

ドンペリ、コニャック、五大シャトー、ハーブティー、カルアミルク、ロイヤルミルクティー、カプチーノ、キャラメルティー

□好きな店

新宿ゴールデン街、横浜どぶ板、しょんべん横丁、大衆酒場金杯、おふくろ食堂、達磨、焼き鳥たつみ、蕎麦処いしかわ、モツ煮虎吉、づぼらや、おけら食堂

■苦手な店

アンナ・ミラーズ、ミスド、フルーツパーラー、コーヒーの青山、フランフラン、スタバ、カフェ・マディ、マドマド、伊勢丹

□好きな街

赤羽、南霞町、新開地、黄金町、恵美須町、行徳、南行徳、尼崎センタープール前、天王寺、鶴橋、かっぱ橋、歌舞伎町二番街、十三、あいりん地区入り口

■苦手な街

神戸御影・岡本、麻布十番、銀座、苦楽園、帝塚山、青山、恵比寿、下北沢、代官山、芦屋、田園調布、成城学園前、自由が丘

□好きな歌手

憂歌団、鏡五郎、ムッシュかまやつ、ジョー山中、タイマーズのゼリー、生駒一、鉄砲光三郎、町田義人、京山幸枝若、泉谷しげる、ミス花子

■苦手な歌手

横文字ソロ、名前を覚えられないアイドルユニット

□好きな人間 考えるんじゃなく感じる人

■苦手な人間 感じるんじゃなく考える人





ブログ内検索 ※「モロ画像」で検索しよう

アクセス
無料 無料
無料

実験ラーメン

突出して投票の多いラーメンはメニュー化する予定です。

ラーメン投票箱

今後の参考にしますのでよろしくお願いします。

関連・運営サイト

おすすめリンク

佐渡島LF日記(仮)
サルーキ!セター! イヌ絵日記
スミルノフ教授公式ウェッブ サイト日本語版
【Hawaii 秘密基地:Ⅲ】
アロマスターの日記
新潟の『釣りとバイクと料理と子供』
遠州屋酒店
クリーム日記
くえ.jp
食用珍魚
レストランバーこさど

佐渡の翼(リニューアル版)
佐渡なび!
佐渡じゃむ
60年代 懐かしの宝箱
佐渡の旬ブログ
のらいぬcafe
Un Grand Pas
悲憤慷慨の記
清水農産店主のひとり言
ええあんばいよの
三河湾徘徊記
B級グルメが地方を救う!ブログ
「峰風」とともに
すちーむ・とらっぷ
花と遊びに耽るブログ
佐渡の酒.com BLOG
ヤンパのクニャンにょ
一条流がんこラーメン総本家公式ブログ
なんぎな日記

マスターおたずねもーす!

マスターに抱かれたい人も、遊びたい人も、噛み付てぇ人も、どーでもいい人も、とりあえずココから勢い良く発射すべし♪

本名入れる度胸はあるかね?:
メール入れる器量はあるかね?:
件名入れるゆとりはあるかね?:
ならば君とは旨い酒が呑めそうだ!ささ、書きたまえ♪:

最近のコメント

駄貸し屋サイトマップ

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最近の記事

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おっぱい星人カモン

ホーム 全記事一覧



津波が起きて、世話になった方が行方不明になり、ガソリンと米を満載して大槌町に行く時、自分にこうエールを送ってくれた人がいた。

「修羅の道に踏み込んだあなたが今刻み込んでいる事を佐渡に戻られたら、私をはじめ、いい湯に浸かっている多くに、冷や水をかけてくれることを望みます。無事でお戻りあれ。」

瓦礫に挟まれ回収できない遺体、安置所での確認作業・・・まさに修羅の道であった、平凡で平和な生活に戻ってからの自分は鉄の塊を口に入れ噛んだような、内側から溶かされるような地獄を味わった、そしてそれは今でも幾ばくか残っている。

自分でその道に踏み込んだのだから仕方ないとかではなく、阪神大震災の傷跡を知る自分には十分に予測できたこと。

あの地獄の中で、津波発生後1200キロ近くを走って阪神大震災のあった兵庫の災害救急車と尼崎の水道関係の会社のタンク車が水を積み、いち早く大槌町に入り被災者への対処をしていたのを見たとき自分の中にマリアが舞い降りたのを今でも覚えている

【東北大震災】
http://kairou.blog54.fc2.com/blog-category-59.html

※本日広告は控えさせて頂きます。


2016/03/11 07:15|東北大震災TB:0



あれから4年が経ちました・・・・


まだ自衛隊の重機が入れない孤立した岩手県大槌町に、行方不明になったうちで働くスタッフのご両親を捜索しに私は行った。


最近もサメタラのことで掲示板でありもしないデマ話で祭りになっていたが、震災あの時、佐渡じゃむの掲示板で「偽善だ」「店の宣伝のためにウケ狙いと話題作りで行ったんだ」とそれはそれは凄まじいお祭り騒ぎだったのに比べれば甘く、ぬるく、軽いもんだ。


あの時、温かい部屋でこたつにでも入ってそれを打ち込んでいた人を正直羨ましかった。


重機が入れず、瓦礫に挟まり取り出せず、まだあちこちに存在する犠牲者。

遺体安置場に行き、大人子供関係なく一体一体ご遺体を確認してまわった。

あの地獄のような風景を、凄惨な現場を、そして人々の悲しみを、間近で見ないで済んだ人たちは幸せだと思った。

でもね、その考えは間違いだったのだと今は思っています。

たとえ偽善でも、邪な目論見があろうと、自分の意思で趣き行動するという自分の尊厳を、人の思考と比べるなんてことこそが自分が未熟な人間である証。

未熟な私は未熟なりにこの4年間で進歩したのだろうか?それを考えると寝れない夜がある・・・・。

来年の今日はそうでなくなっていることを願い、合掌。
2015/03/10 06:52|東北大震災TB:0





震災から明日で二年が経ちます。


震災直後、まだ陸路は寸断され、自衛隊も入れぬ壮絶な遺体だらけの大槌町に行方不明のうちのスタッフの家族を探しに行った。 単騎で入町した自衛隊員の列と荒野の中ですれ違う、自衛隊員は重機がまだ入れないのでその手には脆弱なスコップがあり、自分たちの無力さを感じてか、すれ違う自分らに目線を避け、無気力に下を向いていた。それはまるで八甲田山の雪の進軍のようだっ・・・た。







佐渡島では佐渡じゃむの掲示板で家族が被災したスタッフや私をを面白おかしく中傷する「祭」が起きていたが、そんなのはどうでもよく、現地はまさに地獄そのものだった…、遺体安置所を巡り、白黒の免許証コピーの小さな写真を照らし合わせ遺体を一体づつ確認した。

その移動の時に車のラジオからリクエストで頻繁に流れてたのは「瑠璃色の地球」、まだ福島原発が最悪の状態であるとは国民は知る由もない時にこの曲が流れた、「わたしたちの美しい地球を守りたい」と、・・・・・何故だが原発も何も関係なく、その絶望的な津波の破壊に為す術もなく帰路に向かう途中、この曲で目頭に涙が込み上げてきたのを覚えている。

新潟では震災瓦礫の受け入れ問題では必ず、賛成派も反対派も、マスコミも「大槌町の瓦礫」と町名で運動し、報道する、この新潟にも大槌で生まれ育ち、家も、思い出の品も、そして、家族も失った人がいるというのに。

目の前に広がる海、丘から一望できる太平洋の夕日、秋には町を取り囲むような紅葉の美しさ・・・

それが大槌町だった

それが大槌で生まれ育った人の思い出だ。

それを、プラカードに「大槌の瓦礫焼却反対」と書き込み運動をする、報道する、それに対するイラつきと、怒りは、あの惨劇を知る自分には今もある。反対運動、市民運動大いに結構、言い分もよく解る。だが、生活を守る、安全を守る、人を守る、地球を守る前に自分のモラルも守ってほしかったのです、


守ってほしいのです。


震災記事
よろしかったらチェツクを!( ゚д゚)、ペッ
     ↓ 
にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
 

【お知らせ】

2月より新発売!

あごすじ メガジロウ


gsdgsg.jpg

出世街道ラーメン各種

 
※画像をクリックすると各メニューが見れます。  

 
shinsaku.jpgsdfgsgg.jpg alshndfla2.jpgalshndfla.jpg
      


2013/03/10 08:41|東北大震災TB:0CM:0







今日も変わらぬ日常、そして営業をします。


出世の看板娘のMちゃんも、変わらず元気にお客さんに注文を取り、ラーメンを運びます。


典型的な東北美人のMちゃんフアンのお客さんは出世に結構多かったりするのですが、彼女の笑顔は今日も変わりません。


変わらず元気です。



これからも



いつまでも






今日で全てが終わるさ


今日で全てが変わる。


今日で全てが報われる


今日で全てが始まるさ。





にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 押せば快便      ↑↑↑↑↑↑ 島旅計画中の方必見! 佐渡島だけではなく、日本各地の生の島情報が満載された離島ブログにアクセスできます、沖縄、父島、石垣島、屋久島など気になるあの島の今日はどんなことがおきている? 



2012/03/11 10:22|東北大震災TB:0CM:0

DSC_0112sgsg_20110727190925.jpg



福島県へのお得意さんへのキムチの発送が無事終わった。いつも大人数での一括大量注文してくれる、いわば「真紅のキムチ」フアンの女子会の方々である。

だが、正直、もう注文が来ることはないのではないかと思っていた・・・。あまりにもずさんな政府の対応、そして風評被害、挙げたらキリが無いのだが、福島県の今の現状は元の生活に戻って通信販売で何か買うなんて状況じゃないはずである。でも、こうしてヤンニョム(キムチの元)とキムチの注文が依然と変わらず来るということは、皆が元気でいるというメッセージのような気がしてならない。

DSC_0091sdf.jpg DSC_0090eee.jpg


この時期のニラは溶け易いのでニラ抜きでのヤンニョムの製造です。佐渡の梨、りんご、果実酒、佐渡自慢の塩辛、能登の漁醤、アミエビの塩辛、カツオの酒盗、など、入手しうる最高の素材で最高のキムチを作りました、たぶん世界一旨いキムチなはずです。


DSC_0113gr.jpg



岩手県の大槌町に震災後に行方不明者探索に行った時、絶望と地獄を見て無力なままにこの佐渡に帰って来た。自分の中では「あの」阪神大震災の地獄絵図となんら変わらず、それなりに時間が経過すれば当たり前のように瓦礫が少々片付いたくらいで「順調に復興しています」みたいなマスコミの報道に、政府の対応に嫌気がさしていたが、何か本当の意味での、人間(ひと)が人間としての尊厳に満ちた、木の芽のような「自前の復興」を感じた。


真紅のキムチ

東北大震災記事



にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ 
  ↑↑↑↑↑↑
島旅計画中の方必見!
佐渡島だけではなく、日本各地の生の島情報が満載された離島ブログにアクセスできます、沖縄、父島、石垣島、屋久島など気になるあの島の今日はどんなことがおきている?
 
2011/07/28 05:21|東北大震災TB:0CM:0

画像 1235 画像 1236

望遠デジタル一眼レフに大槌町のこの写真が収められていた。車内から望遠で撮ったものなのだが、目を疑いたくなる光景であった。なんと、防潮堤に一軒家が乗っているのである。
動画
この防潮堤は逆側は砂浜で10数メートルあった、一軒家が浮かぶ水位を考えると津波だけではなく、引き波の時の水位も相当なものであったことがわかる。


dfdasfadf.jpg
大きな地図で見る

写真を撮った場所は上の地図でもはっきりわかる海岸線右側崩壊部分で吉里吉里地区である。吉里吉里には、フィッシャリーナ堤防・白堤防・赤堤防と三箇所堤防があったのだが、このうち、海岸線にあるフィッシャリーナと白堤防が津波で決壊してしまった(Googleマップ右側)これにより街中心部がほぼ壊滅状態になったということは、この部分が多少、持ちこたえてくれれば、これほどの被害は出なかったのではとも思える、その証拠にマップで見ると海岸線の左上の崩壊していない部分の先は建物が消失しておらず、津波の直撃を受けていない。


巨大津波に防潮堤など無意味

のような考えというか、戒め的な考えが一部にあるが、こういう部分もこれからの復興再建のデータになればと思う、(当然専門家は網羅していると思うのだが)日を追うごとに冷静に自分の見た現状を分析できるようになったのは、あの惨状の記憶が薄れてきているからではない。津波に意思など無いのだが、まるで河を目指し昇って行ったかのような跡、人の気配すらを街から消し去った静寂の中の虚無・・・。たまに、何も知らずにこのブログに「復興義援金を何故募らないのか?」なんて言うお気楽セレブみたいなのがいるのだが、自分にとってはまだ始まったばかりなのだといつも思う。



画像 1237 画像 1238
2011/06/25 15:16|東北大震災TB:0CM:0

SN3I1592_20110414114259.jpg 
 



 まもなく賞味期限が切れるお酒がある。


以前震災記事で書いた岩手県大槌町の赤武酒造さんのリキュールである。酒とは飾るものではなく飲むものであるがゆえ、これに合った料理を作って飲もうと思う。かの南部美人の五代目蔵元の久慈氏からこのようなお言葉を頂いた。


赤武さんは、本当に大変だったと聞いていましたので、写真を見ると、涙が出てきました。良くアップしていただきました。ありがとうございます。 

ぜひこれからも岩手のお酒を応援してください。



そこで写真を一枚


sdhdksd.jpg 



星一徹の王貞治との対決の名言

「オレの見方は酒と野球だ!。」

大山トチローのハーロックとの初対面の名言

 「男のプライド?戦士の誇り?オレには興味無いね、戦いの中で生きる男にとって最も大事なことは、まず腹ごしらえだ。それから酒だ。」



私は未熟である。



だが、私はこういう漢でいたい。


酒は飲むことしか能が無い、


が、飲むなら私にもいつだって出来る、酒を見方につけるなら自分でも出来る。


それだけでも何かの力になりたい。




新潟県でも南部美人は手に入ります!東北の酒を飲むべし、偉大なる酔っ払いと呑み助たちよ。


地酒サンマート

Home Page

940-2114 新潟県長岡市北山4-37-3

TEL 0258-29-4068 FAX 0258-28-1488


被災地岩手から「お花見」のお願い②【南部美人
2011/04/14 14:09|東北大震災TB:0CM:0



 震災から一ヶ月自分が被災地に赴いてから2週間が経った。様々なメディアの情報が流れ、大凡のことが被災地以外の我々でもわかるようになった。だが、復興が始まり、徐々に将来的なビジョンを見据えなければならない今、メディアでは流せられない情景を配信しようと思う。

 写真は盛岡方面から海方面、大槌町に行く途中の国道45号線である。まだ海が見えぬ丘の上40メートル付近でこのうような看板があった、


wfewef.jpg


「これより先津波浸水想定区域」



これだけ高い位置に、ちゃんとこのような警告が成されていた、


予測していた、網羅していた、把握していた、


そして


備えていた。


そして、その備えはこの道を更に下って行くとこのような結果で視界に広がる



E794BBE5838F+719.jpg



山を下り町に出るとそこには消滅した町があった…。


拡大して写真をよく見てほしい、山肌を削りくっきり見える地層の壁を。そう、人々は山を削ってまで、「津波浸水想定地区」に町を作り家を建て、そこに住んだのだった。限られた土地の中、こうすることで町を広げ、それなりの生産と産業を両立させ今まで暮らしてきた。そしてその結果、町の90%は津波に呑まれてしまった。

過ちを認めるということは人にとって勇気がいることだ。だが、国が過ちを認めるということはナンセンスな話であって、そもそも「国」という個の存在でもなく感情もそこには無い、当時の政権がどうのこうのでもなく、長期的な「国策」の一つであり、何をするにもお金がいるということだ。

そしてその国策として、国道という国の道に設置された津波警告標識は今回のこの町の津波浸水の更に30メートルも上に設置してあった、莫大な予算をかけ巨大な防潮堤を造ったとしても、それに奢ることなくこのように国は起きうる最悪の規模の津波災害を想定していた、計算していた。それは

「国は間違っていなかった、何よりも誰よりも正しかったが、結果、間違えていた。」

という矛盾に満ちた答えとなる。

これからの復興とともに、国は「この標識」のように予想される津波の高さの更に倍に設定したくらいのオーバーな警告を発し、正しさと間違いを称え、人々を今度こそ真の安全な、安住の地へと導いてほしい。その方法や政策は今後議論され何らかの形を成すのだろうが、今はこの真実を皆に知ってほしいと思います。



にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 離島情報へ
         ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
一日一回押してくれないとリンダこまっちゃう!

押した人へのご褒美→ erodou.gif
2011/04/11 16:03|東北大震災TB:0CM:1

SN3I1548.jpg 


 こんだけ天気がいいと、冬場眠っていたバイクを出して水拭きできますね♪乾いたら・・・・あっしはCRC666で磨く派でございます。他のバイクも軽いキャブ洗浄で一発始動!電気系に難があるのは毎年のこと!4月1日はバイク始動の日でもあるのでした♪


■ 震災関係の記事へ進む ■


【お知らせ】

4月1日よりランチタイムラーメン販売開始!

ただ今東北大震災により北海道、青森県より取り寄せています熟成多加水麺の食材が届かなくなっており、次郎長ラーメン以外の亀の手ラーメン等の販売が出来なくなっております。(他にカレー、すじ丼もございます。)

エスライフなどを見て遠方からお越しの方には大変ご迷惑をおかけしておりますが、地震による現在の状況につきご理解の下さいますようお願いいたします。



▽この記事の続きはこちらから▽
2011/04/02 09:07|東北大震災TB:0CM:0

sdgfdsgf.jpg



さぶっ!



まだまだ寒いです、Gパンなんざでバイクは乗れません!



PAP_0118_20110329225635.jpg 


しかも怪しい


しかしながらこのバイクを売らせるわけにはいかない、がんばれ、ばち!


 ■ 震災関係の記事へ進む ■


【お知らせ】

4月1日ランチタイムラーメン販売開始!

ただ今東北大震災により北海道、青森県より取り寄せています熟成多加水麺の食材が届かなくなっており、次郎長ラーメン以外の亀の手ラーメン等の販売が出来なくなっております

エスライフなどを見て遠方からお越しの方には大変ご迷惑をおかけしておりますが、地震による現在の状況につきご理解の下さいますようお願いいたします。


▽この記事の続きはこちらから▽
2011/03/30 12:10|東北大震災TB:0CM:1

img3117e6adwx481o.jpg



 「豚屋(ブタや)は相手にするな。」 


 原発の放射能がアメリカでも観測されたりで今後お先真っ暗な雰囲気なのですが、それが原因なのかおかしなことが起きている、上に書いたのは「付き合うな」ではなく「相手にするな」、商人にはこんな言葉があって、問屋さんが欲に走り、本来の商いの商道を外れ利益だけを求める豚(外道)になった時はたとえ先代からの長き付き合いであっても手を切れということです。西では多い寸借詐欺を未然に防ぐための戒めでもありますね。

問屋さんはメーカーからロッド単位(大口)で仕入れて値引いた分、それを在庫として複数の顧客に自分の利益も加算して小売する、当たり前と言えば当たり前なのですが、最近の不景気?のせいですかね、自分の取引する相手に堂々と豚屋にならざるを得ない商いをしなければならないようです。メーカー卸のロッドで顧客に売る。内緒にすればいいものを、メーカーロッドを提示してから後出しジャンケン的にそのまま発注。

 早い話は売った時点で在庫原価回収率100%、在庫0ということになります、それなら問屋は在庫は持たないで良くなる理屈になるのでワンルームでも開業可能ですね、メーカーからお客さんにそのまま商品が渡るだけでペーパーマージンが入るわけで、それじゃ「問屋」じゃなくて「商社」の真似事です。

 ですが、これは例えるなら、お店がカレーを出すとする、お店は問屋にカレーのルーと福神漬けを注文する、しかし、カレーはメーカーが1ロッド20キロで福神漬けも同じく1ロッド20キロだったとする、するとお店はカレーという商品を出すために、少なく添える福神漬けを20キロも買わなくていけなくなり、膨大な在庫を持ち管理しなければいけないということです。問屋さんがカレーは10キロで福神漬けは1キロという注文は受けないという矛盾。

こうなると、それが店の主力商品だったとして、問屋が値を吊り上げてメーカーロッドでしか販売しないとなると小売店は一気に原価率が跳ね上がるということです、問屋との信頼関係は存在しない上から目線の縮図でして、小売された物を売るから小売店という常識が通用しない。佐渡だからという訳ではないのでしょうが、本来なら絶対ありえないシステムが存在するというのはこれからもし更に不景気が悪化するなら問屋さんの方が先に息が続かなくなるのではと思います。

たとえ他より高くても買うのは信頼関係

一円でも安く得な方を買うのは一般常識


信頼関係を取るか一般常識を取るか…、それは小売店だけでなく問屋(豚屋)さんもどちらか片方を選ばなければならない時代がそのうち来るような気がします、風評的な噂やデマですぐに小売店から利益を回収ってのは日本人だから仕方ないとはいえプロじゃないですね、現に大口、小口に限らず5000円以上の購買なら全国送料無料なんてナンボでも出てきているご時勢ですからね。



  ■ 震災関係の記事へ進む ■


【お知らせ】

ただ今東北大震災により北海道、青森県より取り寄せています麺なの食材が届かなくなっており、ラーメンの販売が出来なくなっております。

エスライフなどを見て遠方からお越しの方には大変ご迷惑をおかけしておりますが、地震による現在の状況につきご理解の下さいますようお願いいたします。




▽この記事の続きはこちらから▽
2011/03/29 06:30|東北大震災TB:0CM:1

画像 347 
裏メニュー「二郎痛め」



 さて、いろいろあって東北大震災の記事を書いてきましたが、ついこないだまではこんな記事を書いていまして、それがこのアホブログの売りだったわけでして、記事を分けたとしても震災の記事がトップに来てしまうと否応なしに見えてしまうのでしんどいというお言葉を頂きました。 確かにうちは飲食店のブログ、地域情報やお店情報とかも配信しなけれななりません、別ブログを作る余裕も暇も無いのは確かです・・・。

 断っておきますが、ご指摘頂いた人は別に震災のことがテンション落ちるとかじゃなくて、こういう時だから笑える明るいネタが見たいということです、しかるしてこのブログのアクセスはyahoo検索とGoogle検索がトップなので日本全国からアクセスが来ています。ということは、ほんの些細な情報も役に立つかもしれないということも考え、その中には凄惨でかなりキツい内容もあるかもしれませんので、何とか読みたい人だけが読める任意にできないかと考えました結果、本日から震災関係の記事は追記事の方に書かせていただきます。

下の「震災関係の記事へ進む」をクリックすると読むことができます、読みやすいように横幅を広げて写真を大きく表示しています。今日から本来のアホネタありの「佐渡の太陽」に戻りますが、これからもよろしくお願いします。


  ■ 震災関係の記事へ進む ■


【お知らせ】

ただ今東北大震災により北海道、青森県より取り寄せています麺なの食材が届かなくなっており、ラーメンの販売が出来なくなっております。

エスライフなどを見て遠方からお越しの方には大変ご迷惑をおかけしておりますが、地震による現在の状況につきご理解の下さいますようお願いいたします。


▽この記事の続きはこちらから▽
2011/03/28 10:40|東北大震災TB:0CM:0

画像 748




 一旦溜飲を下げてくださいませ


尼崎の古き付き合いのインターネットカフェ・アロマオフザライフのマスターから届いていた。溜飲を下げる、一昔前の私だと


腹立つ奴シバいてすっきりする


という意味だと信じ込んでいたが、正確には、


「胸の中の精神的なつかえがなくなり、はればれする」

という意味。

いろいろ不条理なこともあったり、自分が無力であると思い知ったり・・・そう思うと確かに胸の痞えどころが水も通らない状態なのかもしれない、でも、今回のことで自分がまず最初に思ったのは感謝である。


画像 743  


岩手に行く時、羽茂のバイク屋さん、鉄工所、柿農家のひとらがガソリン缶を貸してくれた。正直これが無かったらお話にならないとこだった、未だに帰れず自分が被災者みたいになったかもしれない・・・・みんなありがとう。

画像 744 



とりあえずシコシコ磨いてキレイにした。


画像 745 



そして岩手に行くにあたってガソリンの燃費や雪などを考えた時に四駆の軽自動車が必要だったが、岩手までの長旅に耐えられる程度の車が無かったのだが、気兼ねなくワゴンRを貸してもらった。本当にありがとうございます、こんなことを言っちゃなんですが快適な道中を過ごすことができました。


画像 747 



佐渡に帰って洗車機にかけたが、液状化した被災地を走って粒子のような砂が細かいとこまで付いていて取れない。


画像 746 


ワックスをかけてウエスで隅々まで拭く。ありがとうと心を込めて拭く。その他にもお店に来て「これ、Mちゃんに役立てて」と20万もの大金を封筒に入れてポンと置いた人もいた、いろんな人のいろんな後押しであの凄惨な被災地に行くことができた。本当なら東北に行ってきたからと、いちご煮でも土産に買ってきてみんなに配るのだけど、今回はこれくらいしか恩返しができない、それも胸のつかえとなるのは事実だ。

話が長くなりましたが、それが「溜飲」と化していたのですが、帰って早々お店を開くとアロマスターからこんなものが届いたのです、


画像 750 



おおおお!!!


天狗舞の文政六年!


私的に最高の純米酒!マスターありがとう!美味い!旨い!完全に米の味である!甘さがほとんどないのだが何故かすいすいと飲んでしまうまさに純粋な米酒!


rgtrewg.jpg 


誰にもあげない・・・あげないんだから・・・の図



この日は新潟から来たお客さんとかもいらして深夜には満席ながらにして私も疲れが溜まっていたのでしょうか?酒を抱いて気が付いたらそのまま寝ていました。

こうして溜飲は見事に下がったのでありました。



【お知らせ】

ただ今東北大震災により北海道、青森県より取り寄せています麺なの食材が届かなくなっており、ラーメンの販売が出来なくなっております。

エスライフなどを見て遠方からお越しの方には大変ご迷惑をおかけしておりますが、地震による現在の状況につきご理解の下さいますようお願いいたします。

2011/03/27 17:06|東北大震災TB:0CM:0

SN3I0073.jpg 

間もなく佐渡高校と知弁和歌山の試合開始です。


被災地では包丁や鍋、鉄骨など重たい質量のものはジャンボジェット機250機が衝突するに匹敵する津波の運動エネルギーで恐ろしい圧力がかかり、それらは皆捻じ曲がり、凹み、折れ曲がっていた。その中でこの野球のバットが残骸のだらけの荒野に不自然に残っていた。


たとえ津波であろうとも軽く、強く、しなやかな特性を持つバットを力で折ることはできない。


人の可能性も、生きる力も、瓦礫の中から蘇る草木もそうであるかのように。


mhvmhvm.jpg 


大槌町は土地が狭く、満足に大きな球場とかでは練習はできなかっただろうが、ここにも甲子園やプロ野球を目指す球児達はいたはずだ。このバットにも様々な想いが込められて大切にされていたのかもしれない。

無事に開催された甲子園、初めての甲子園、初めての凱旋。


母なる甲子園球場は80歳を越えるお婆ちゃんだが、戦争の炎に耐え、阪神大震災に耐え、いつも君たちを迎えてくれる、そして待っててくれる。

佐渡高校ナインよ、母の懐で思う存分青春を謳歌してきてほしい。



2011/03/26 09:02|東北大震災TB:0CM:0

hlhlj.jpg 



 岩手県大槌町の被災地から佐渡帰ってきました。

留守中、火事場泥棒みたいな五月蝿いクソが佐渡の店ではびこっていたようですが、ボスキャラが帰ればただの何処吹く風。佐渡に帰ってきて、買い物をしようとスーパーに来て最初に見たのはコレ、お札がギッシリ詰まった募金箱。

うれしいじゃないか、やるじゃないか佐渡…。

何処に、いくら寄付したか、俺はしたんだ、お前はしたのか、それは偽善だ、これは支援だ…

そんな野暮な話は狭っ苦しいネット世界で襟を立てうずくまって話し合えばいい。

たとえ小額だったとしても、募金箱にお金を入れる時に、


「これは自分が働いて稼いだ真っ当なお金です。何かのお役に立てて下さい」



という気持ちを大切にしてほしい。


この募金箱にはそんな真っ当なお金が、願いが詰まっているのだと心洗われた出来事でした。


2011/03/25 11:23|東北大震災TB:0CM:0

SN3I0041.jpg 



被災地で一番辛いのはこの印を見ることだ。

車が5台あって5台全部にこのマークがされているのもあった、それはすなわち、津波の際に車内での死亡率が高いことを意味する。このマークのある場所で一つの、一人の尊い人生が終わった…。他の凄惨な現状はいくつも見たがこの血のような赤いスプレーでの印だけは慣れることはできなかった。

2011/03/24 17:50|東北大震災TB:0CM:0

今回の被災地でのMさんのご家族の捜索で、残念ながら結果発見には至らりませんでした。今後毎日増え続ける犠牲者のリストを待つ、もしくは自分自身で捜すという選択肢が残されていますが、電気水道の復旧がまだなのと夜間の治安の悪さ、ガソリン不足などもあり、女性のMさんには精神的にも肉体的にも限界と判断しました。

一度盛岡に渡り、風呂や洗濯を済ませ、ガソリンを調達して私だけ残るつもりでいましたが、佐渡でトラブルが発生しているのも考慮して本日佐渡に帰路することを決めました。

いわきで被災した姉は東京に非難しましたが、こちらは原発の問題もあり、ローンの残る自宅やこれからの生活などの問題も深刻で、私も家族の一人として動きたいとこですが今は自分のできることからするしかありません。

今後も全力を尽くし捜索にに当たる所存ですがますは報告まで。
2011/03/23 10:10|東北大震災TB:0CM:1



関東のNHKで岩手県の行方不明者は4000人と報道されてるようだが、本当に?なんでだ?

何故この大槌町は町の人口の半分の8000人もの人が行方不明なのになぜ重大報道されないんだろう…市と町の扱いが違うような気がする、ただ単に報道陣が交通が不便だから?。とにかく行方不明者の数がケタ違いなのは確か、この町だけで阪神大震災を上回る犠牲者が出てるかもしれないのに…。

当然、家族の誰かが行方不明の避難者も多い。行方不明者の捜索の人も足りない、足りるわけがない・・・真の報道をどうかしてほしい。




2011/03/22 16:59|東北大震災TB:0CM:0



点在する避難所を周り名簿と目視で安否を確認する、あちこちで情報求むの貼り紙がされている、安否確認が取れない人は数千人とも報道され、町の人の半分は存在しないようなものだ。

その中でも東京などから安否確認に訪れた娘と奇跡的に避難して再会できた喜びで抱き合う姿などを見る度に「ああ、よかったね、本当によかったね。」と呟き、同時に希望が湧いてくる。そして、抱き合う二人を報道カメラマンが回り込んできて撮影する姿にも遺憾を感じなくなってくる。

数ヵ所に設置された遺体安置所は最後の砦とも言える…できれば避難所で発見したい、だが安置所は「いろいろな意味」でもう限界に近く、ある程度スムーズに確認出来るのは今しかない…。有効である歯形の照合などはカルテを保有する歯科そのものが消滅しているので困難である可能性もあるとのことだ。現時点で棺桶が足りない状態で、県外から大型トラックで組み立て式のがひっきりなしに搬入されている。


佐渡に避難してこられる人にはこれらの過程を、場景を見て、経験して来た人もいるかもしれない。この被災地に来て、もう嫌と言うほど聞いたのは、

「私は助かったけど、あの人は目の前で流されていった」

という話だ。

受け入れ側も志高く団結して決起することは確かに良いのだが、そればかりに目が行くと、真の意味での被災者支援から大きく逸脱しかねない。事務的に手続きや要請をする裏方は裏方に徹し、その中でも避難者は生と死の狭間に身を置いたのではなく、その狭間に「投げ出された」のだということをどうかしっかり認識して接してほしいのです。


ツイッター記事
http://twtr.jp/user/dagashiya39/status
2011/03/22 01:03|東北大震災TB:0CM:0



凄まじい腐匂

一つのロープに何百個とある養殖の牡蛎が浮きごと陸の電柱などに打ち上げられている、それと打ち上げられたサバやサンマ、潰れた車のガソリン、灯油の匂いが海水と混ざっているのだ。

現状は見せられない光景と、書き込めない光景だらけ。

鳥ですら火災で蒸し焼きになり死んでいる…

なんとかしたくても小さな瓦礫ですら人の力では持ち上げることはできない、重機が来るのを待っのみである。

絶望と希望のせめぎ合い…、自分を保つ、全つ、存つ、任つのだ。
2011/03/21 13:25|東北大震災TB:0CM:0




本来なら避難所となる学校の校舎、三階までもが…

2011/03/21 11:54|東北大震災TB:0CM:0





ここは本当に日本なのか?…
2011/03/20 18:03|東北大震災TB:0CM:0


では行ってきます!


みんな風邪ひくなよ!


2011/03/18 22:27|東北大震災TB:0CM:0

ホーム 全記事一覧

友達申請して更新情報チェック!

ネタを見つけたらすぐに携帯電話からfacebookにアップロードするようにしてるんで大体こちらにブログネタはありまっせ♪友達申請にはメッセつけんでもOKでやんす。



これで毎月稼いでます!

このアホBlogを購読する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
16位
アクセスランキングを見る>>

スーパーキング激安情報

里親募集

アクセスランキング

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 離島情報へにほんブログ村 その他生活ブログ レジャー・娯楽へ ↑↑↑↑↑↑ 島旅計画中の方必見! 佐渡島だけではなく、日本各地の生の島情報が満載された離島ブログにアクセスできます、沖縄、父島、石垣島、屋久島など気になるあの島の今日はどんなことがおきている?
紹介

NOW ON SALE!

RSSフィード

過去ログ

最近のトラックバック

あし@

Copyright(C) 2006 佐渡の太陽 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.